【追記】W

LW110V60W_01[1]
LEDや蛍光灯に押しやられ、(製造面では)風前の灯になりつつある、
白熱電球で気になったので、メーカーさんに質問してみた。

質問
市販されている白熱電球には
10・20・40・60・100W等ありますが、
60と100の中間の75とか80ワット電球を見かけることはありません。
これはなぜでしょうか?
また、なぜ上記のような飛び順になっているのでしょうか?

今回は、白熱電球を作っている(いた)大手メーカー3社
東芝ライテック・パナソニック・三菱電機オスラムさんに
メールにて問い合わせてみました。

早速回答が。

回答

パナソニック
豊田 様

パナソニックお客様ご相談センターの○○と申します。
平素より、
弊社商品をご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。

いただきましたお問合せに対しまして、以下の通りご回答申上げます。


あまり、市場で見かけることはないと思いますが、メーカーと
いたしましては、80ワット形電球や、75ワット形電球は、
生産いたしております。
ただし、需要が少ないため、一部は生産完了方向になります。

品番といたしましては、LW100V76Wや、LW110V80W、L110V80W
LDS100V68WWK、LDS110V68WWKなどとなります。

※LW100V76W・LW110V80W・L110V80Wは、大変申し訳ございません、
4月30日をもちまして、生産を完了させていただきました。

白熱電球には、10W・20W・30W・40W・50W・60W・75W・80W・100W・150W
・200W300W・500Wと、自在にW数を作ることができ、
過去から発売させていただいておりましたが、政府の省エネ奨励策により、
白熱電球から省エネ電球へという流れとなっています。

現行、40W・60W・100Wという明るさの電球が器具側に多く採用されて
おりますので、消費が偏り、お店に並ぶ数が限られています。
消費が少ない、10Wや、50W・80Wという商品は、先に完了へと進んで
行きます。

簡単ではございますが、お問合せのご回答とさせていただきます。
今後とも弊社商品をご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

■引き続き、お客様へのお願いです
24年~18年前(1985年~1992年製)のFF式石油暖房機を探しています。
詳しくは下記サイトにてご確認下さい。
http://panasonic.co.jp/ha/info/important/heating/index.htm
 


*********◆*********◆*********◆****◆
パナソニック株式会社 ライティング社 お客様相談センター
担当:○○ ○○
TEL:0120-***-***
E-mail:**************
*********◆*********◆*********◆****◆ 

続いて、三菱電機オスラム
豊田 秀雄 様

   いつも弊社製ランプをお使い頂き、ありがとうございます。

   お問い合わせの件

   ・10と60の中間の80Wは少ないですが市場にはあります。

   ・需要が少ないので、あまり見かけないと思われます。

   ・10・20・40・60・100W等は数字の限が良いからです。

    但し最近は5%、10%省電力タイプとして、
    60W形では57W、54Wの消費電力で同じ明るさの
    ランプがあります。

   以上、よろしくお願い致します。

   三菱電機オスラム(株) 市場技術課 ○○ ○○
      フリーダイヤル 0120-***-***
        平日 9:00~17:00

そして最後に、東芝。
豊田 様

毎度、弊社商品をご愛用いただき、ありがとうございます。

この度は、お問い合わせをいただき、ありがとうございます。

お問い合わせ番号【TLT*********】
につきまして次の通り回答させていただきます。

ご回答が遅くなり大変申し訳ありません。
お問い合わせいただいております一般白熱電球「ホワイトランプ」の件ですが、
弊社では、80W(72W)タイプも商品ラインナップをしておりました。
ですが、弊社はCO2排出量削減に貢献する為に、
2010年03月に「ホワイトランプ」につきましては
すべて生産完了品とさせていただきました。
弊社は「かけがえのない地球環境を健全な状態で次世代に引継いでいくことは、現存する人間の責務」という認識に立ち、
環境に配慮した「あかり」で、
未来の地球をあかるく豊かにすることが使命であると考えておりま
す。
今後は電球形蛍光ランプや、LED照明などの省エネ製品に置き換える事業活動をさらに推進させていただきますので、
ご理解・ご了承のほど宜しくお願いいたします。


尚、本件の問い合わせの際には、お問い合わせ番号をご連絡いただければ幸いです。

今後とも弊社商品をよろしくお願い申し上げます。

担当:○○





まとめ
要するに、W数は(一応)60から100といきなり飛んでしまっているわけではなく、
存在するが、需要があまりないため廃れてしまった。


というか、松下さん。FF式石油暖房機の回収って既にほぼ終わっていたはずでは?w

(↑ 21:40より参照)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もにゅ

  • Author:もにゅ

ブログ妖精ココロ ファンブック
WebMoney ぷちカンパ blogram投票ボタン ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから! マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック